賃金と環境上下について受講をしていました

賃金について勉強をしました。住民賃金は、生育、ディストリビューション、返済の三面からとらえられ、それぞれが生育住民賃金、ディストリビューション住民賃金、返済住民賃金とよばれます。これらは、なくなる局面がことなるだけであるので、そのがたいは等しいだ。これを三面等価のルールといいます。ケインズによれば、生育平均や雇用平均のがたいは、有用要求のがたいでまとまるそうです(有用要求の枠組み)。なぜなら、つくっても売れ残れば意味が無く、要求のがたいが出来高を決定するからだ。そして、経済変遷の事例について、勉強をしました。資本スタンス環境の職歴を振り返ってみると、ある時期には環境実践が活発化して生育や雇用が継ぎ足し、またある時期にはそれが停滞して生育の減額、失業の割増しがみられます。そういった経済の動きには、周期的な繰り返しがみられます。これが経済サイクルとよばれるイベントであって、好況期・低下期・不景気期・甦生期の4つのポイントに区分されるそうです。またこのことについて勉強したいと思いました。アイフル 5万

賃金と環境上下について受講をしていました